調剤薬局事務の待遇は恵まれてる?

主婦にとっては非常に働きやすい職場

近年、調剤薬局事務の人気が取り沙汰されている理由のひとつに「主婦にとって非常に働きやすい職場である」ということが挙げられます。調剤薬局事務は正社員よりパートでの募集が多く、勤務時間も朝〜夕方と短めのところもたくさんありますので、主婦にとっては働きやすいのでしょう。

 

また、もちろん土日や祝日はお休みです。パートと言うとどうしてもスーパーをはじめとする店舗の販売員募集が多く、こういった場所だと「土日のどちらかは出勤してほしい」と言われることもあるので、主婦にはなかなかハードルが高いことも。

 

でも、調剤薬局事務であれば病院が休みの土日・祝日はもちろんお休みですので、子供がいる主婦でも働けますよね。そういったところが、調剤薬局事務の人気を押し上げる要因になっています。

 

学ぶ範囲が少なくて済む

調剤薬局事務の仕事は学ばなければならないことが限られていますので、勉強がしやすい資格です。

 

これが医療事務だともう少し勉強しなければならないところの範囲が広くなるのですが、調剤薬局事務の場合はある程度限定されますので、学ぶ範囲が少なくて済むのです。このため、仕事を早くに覚えやすいというメリットもあります。

 

たくさん覚えることがある仕事だと、「学ぶのが大変」と思ってしまいますが、調剤薬局事務の場合はこれがないので目指す人が多いのでしょう。

 

安定した職場で働くことができる

調剤薬局事務が働くのは調剤薬局です。今は「医薬分業」が行われていて、「診察を受けるのは病院だけれど、薬の処方は調剤薬局で行う」ということが増えています。

 

これは、診察は医師が行い調剤はその道のプロである薬剤師が行うというもので、このために調剤薬局がふえました。

 

調剤薬局は病院がつぶれない限りなくなることはほぼありませんので、安心して働くことができるというメリットがあります。

 

今の時代、安定してお給料を稼ぐことができる仕事はやはり人気です。そういう意味で、調剤薬局事務も人気があるのでしょうね。