調剤薬局事務|どれくらいの勉強時間で資格を取得できる?

学生でもない限り、勉強しようと考える大人って少ないですよね。

 

私も勉強となると本を開いた瞬間に嫌になってしまいます。

 

でも、資格取得するために、大人でも勉強しなければならないケースがあります。

 

なるべくなら、短い期間で効率よく勉強して資格を取得したいものですよね。

 

非常に人気の高い、調剤薬局事務の資格についても、多くの大人の方が勉強して資格を取得されています。

 

自分もいざ資格を取得したいとなると、どの程度勉強して資格を取得できるものなのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の資格を取得する方法として一般的な、通学講座と通信講座でどの程度勉強しなければならないかについて紹介します。

 

通信講座の勉強時間は?

多くの会社で、調剤薬局事務に関する資格の通信講座を準備しています。

 

メジャーなユーキャンやニチイと言った会社も参入していて、多くの選択肢が存在しています。

 

概ね、勉強期間を4ヶ月に設定している会社がほとんどです。

 

この4ヶ月というのは、調剤薬局事務の資格だけでなく、他の資格でも同じ期間を設定するのがほとんどです。

 

ただ、その中でヒューマンアカデミーという会社が実施しているたのまなという通信講座は、なんと2ヶ月の学習期間に設定されています!

 

ただ短いだけでなく、きちんと合格までのサポートをしてもらえますし、費用面でもとても安くなっているので、大人気の講座となっています。

 

通学講座で資格を取得する場合は?

調剤薬局事務の資格では、通学講座も準備されています。

 

その代表格がニチイの通学講座です。

 

標準勉強期間を2ヶ月と設定していて、全8回の講義を受講します。

 

その後、自宅において修了試験を受験し、見事クリアできれば晴れて調剤薬局事務の資格を取得できます。

 

通信講座と比較して、理解しやすいという点が魅力的ですが、費用面では当然高くなってしまいます。

 

期間としてはほぼ同等となっていますので、ご自身でどちらが良いかを検討して利用することをおすすめします。