調剤報酬請求事務専門士とは?

調剤薬局事務の有名な資格の中に「調剤報酬請求事務専門士」というものがあります。

 

この調剤報酬請求事務専門士の資格は、数ある調剤薬局事務の資格の中でも非常に歴史あるものとされており、また唯一「専門士」の資格をとることができる資格でもありますね。

 

このため、「調剤薬局事務の資格を取りたい」と考えている人の多くがこの調剤報酬請求事務専門士を目指していると言われています。

 

調剤報酬請求事務専門士に合格することで、国にきちんと登録してもらうことができますので、より専門性の高い資格であるということがわかるでしょう。

 

加えて、調剤報酬請求事務専門士は「一度資格を取得をしたら終わり」というものではなく、2年おきに更新をしていかなければ維持することができませんので、

 

そういった意味でも「高いレベルでの資格である」ということができるのではないでしょうか。調剤薬局事務の資格の中でも、非常に人気があるこの調剤報酬請求事務専門士、今後も多くの人が合格をめざしていくでしょう。

 

しかし、その分難しい資格でもあります

調剤薬局事務の資格の中でも、非常に権威があると言われている「調剤報酬請求事務専門士」。

 

しかし一方で、調剤報酬請求事務専門士の資格試験は意外と難しく、きちんと勉強をして対策を練らないと合格をすることが難しくなっています。

 

3級もしくは2級はそこまでの難易度はありませんが、1級ともなるとかなりの難易度になり、合格率も1割から2割程度まで落ち込んでしまうとか。試験内容は実技と学科にわかれていますので、それぞれに対応した勉強をしていきたいですね。

 

調剤報酬請求事務専門士の場合はe-ラーニングなど専門の教材がありますので、こういった教材を使いながら勉強を積み重ねていくといいでしょう。

 

もちろん、テキストも販売されていますので、調剤報酬請求事務専門士を受けるのであればこういったものを購入してみることをお勧めします。専門のテキストを使うことで、より調剤報酬請求事務専門士への合格が近いものになるはずです。