最短で調剤薬局事務になるには?

なりたい仕事の上位にランクインするのが、医療系の事務のお仕事になります。

 

かなり自由度の高い勤務体系である点と、比較的給料面でもメリットがある点から、特に主婦層を中心に高い人気を誇っています。

 

医療系の事務と言っても、医療事務と呼ばれるものから、調剤薬局の事務を担当する調剤薬局事務の仕事まで、幅広いのが特徴となっています。

 

その中でも、なりやすい事で有名な調剤薬局事務の仕事に関しては、資格が用意されています。

 

と言っても、実際には調剤薬局事務として働くためには資格は必要ではなく、無資格でも勤務する事が出来ます。

 

但し、メインのお仕事となるレセプトの作成においては高度な知識を必要とされるので、初心者がいきなり第一線で働くのは非常に難しいのです。

 

やはり、資格は取っておいた方が良いのですが、では最短で調剤薬局事務の資格を取得するためには、どのような方法を取ればよいのでしょうか?

 

今回は、なるべく早く資格を取得する方法を、皆さんに紹介したいと思います。

 

資格を取得するためには?

調剤薬局事務の資格を取得するためには、どのようなステップを踏めばよいのでしょうか?

 

資格と言うのは、一発試験で合格すれば取得できるものから、所定の講座を受講して資格を取得するものまで多種多様です。

 

調剤薬局事務に関しては、後者であり通信講座や通学講座を受講して必要な知識を得て、その後に試験を受験してクリアすれば資格を取得できます。

 

資格を最短で取得するには?

調剤薬局事務の資格を最短で取得する方法としては、通学講座を選択する方が得策です。

 

通信講座の場合は、標準勉強時間が4ヶ月程度に設定されているものが殆どになります。

 

一方で、通学講座の場合は標準で3ヶ月程度の勉強期間で、短いものですと2ヶ月で講座が完了する事になります。

 

その分、費用面での負担は大きくなるのですが、最短で取得したいのであれば通学講座を選択するのをお勧めしたいと思います!