「調剤薬局事務」と「医療事務」、給料が恵まれているのはどちら?

人間、同じ仕事をするにも出来ればより待遇の良い会社であったり、給与の高い職場で働きたいと考えるのは当然のことです。

 

もちろん、給料が上がるということは、仕事に対する責任感や重大性は異なってきますが、結果その対価として高い給料を得ることが出来ればそれに越したことはありません。

 

また、それ以上にやりがいを感じる仕事でもある「調剤薬局事務」と「医療事務」。

 

医療系の仕事というと、人の命を預かる仕事となるので重要な仕事であり、その分給料も高いのが特徴的です。

 

実際に治療を行わない事務方の仕事の場合は、給料はどれくらい貰えるものなのでしょうか?

 

医療系の事務のお仕事といえば、「調剤薬局事務」「医療事務」の2つが非常に有名です。。

 

今回は、この2つの事務系の仕事を、給料面や待遇面から比較してみたいと思います。

 

調剤薬局事務の給料はどれくらい?

調剤薬局事務は、主にレセプトの作成や調剤薬局での受付等の仕事を行います。

 

レセプトの作成は毎月一回に集中して行うので、この時期は非常に多忙となりますが、それ以外の時期は雇用先にもよりますが仕事量はあまり多くありません。

 

よって、パートなどの非正規雇用で雇われるケースが多いので、給料という面ではあまり見どころが無いのが実情です。

 

正規雇用の場合も、決して給料は高くなく、一般企業並みと言われています。

 

ただ、営業時間が長いドラッグストアなどの場合、シフト勤務となるケースがあり、シフト手当が付くとそれなりに給料はアップするようです。

 

医療事務の給料はどれくらい?

医療事務の場合も、調剤薬局事務と同様にレセプトの作成がメインとなります。

 

他には、病院内の受付等の業務がメインとなりますが、給料という面ではこちらも民間企業並みと言われています。

 

ただ、調剤薬局事務よりも多少水準が高いのが特徴です。

 

どちらの給料が高いの?

では、「調剤薬局事務」と「医療事務」のどちらの給料が高いのでしょうか?

 

雇用方法にもよりますが、やはり調剤薬局事務の方が給料が高いと言えます。

 

昨今の動向を見てみると、調剤薬局事務は医療事務から独立して出来たものであり、比較的新しい調剤薬局事務の資格こそが狙い目となっているのです。