調剤薬局事務が主婦に人気の理由とは?

主婦になると、仕事と家庭の両立に非常に悩むケースが出てきます。

 

夫の稼ぎだけでは食べていけない・・・そうなると、共働きしなければなりません。

 

小さいお子さんがいらっしゃると、働く時間も制限されますし職場も十分考慮した上で働き先を選ばなければなりません。

 

そのような状況下、主婦に人気の仕事と言うものはある程度限定されてしまいます。

 

ポイントとしては、ある程度勤務時間を自分の裁量で行える、それでいて給料はそこそこ高いというところでしょうか?

 

それを満たす仕事のひとつに、調剤薬局事務という仕事があります。

 

主に、病院近くの調剤薬局やドラッグストアなどが勤務先となるのですが、なぜ人気の職業に上げられているのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務が主婦に人気である秘密について解説していきます。

 

人気の秘密@:仕事量がある程度読める!

調剤薬局事務の主なお仕事として、レセプトの作成があります。

 

レセプトは、月一回作成して申請するものになります。

 

その月一回のレセプト作成時は非常に忙しくなるのですが、それ以外は基本的に事務仕事がメインとなります。

 

よって、残業等も発生していないようです。

 

仕事のサイクルが見えやすく、予定も立てやすいのが主婦の方に受けているのです!

 

また、シフト制を採用しているところがあるのも魅力的です。

 

夫が帰ってきた後に夕方から仕事を行いたい、そんなニーズにも対応できる点が魅力的であります。

 

人気の秘密A:給料がそこそこ良い!

調剤薬局事務は、仕事にある程度のサイクルがあると言う説明をしましたが、それもあって非正規雇用で雇用されるケースが多いです。

 

非正規雇用であると、扱い的にはあまりよくない感じを受けますし、肝心の給料も低いイメージがあります。

 

ただ、調剤薬局事務の給料はそこそこ良いことで知られています。

 

それは、ベースの賃金が良いこところがありますし、シフト勤務等で手当てが付与されることがある点です。

 

同じ働くでも、少しでも給料が良いほうがうれしいのは当たり前の話です。

 

そんな点で、主婦に人気の仕事であるのです。