調剤薬局事務の仕事|どんな職場で働く?

調剤薬局事務とは、患者さんに処方されるお薬の費用を保険者に請求するのが主なお仕事です。

 

よって、調剤薬局で働くのが一般的に思われがちですが、実は調剤薬局の形態が年々複雑化していて、様々なものが登場してきています。

 

では、具体的には調剤薬局事務のお仕事はどのような職場で行われるのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の職場情報について紹介していきます。

 

メインは医療機関!

調剤薬局というと、基本は病院内にあるというイメージが有ります。

 

正確には、調剤所というのが正式名称になります。

 

実際に、大きな病院となると院内に調剤所があり、その中で働くケースが多いです。

 

大きな病院となると、それなりに給与も良いですし雇用形態も自由に選択できる事が多いので、誰もが憧れる場所であります。

 

但し、患者さんが多いとその分だけ仕事も増えるので、多忙な状態が常に続いている…という事もあるので、一概に良いとも言えないのが実情です。

 

従来は、病院の敷地内に薬局を置くことを認めていなかったのですが、今後は薬局経営の独立性を確保することを前提に、敷地内に併設することができるように緩和される見込みとなっています。

 

これは、正しく規制緩和の流れとリンクしているものと思えますね!

 

ドラッグストアでも働けます

最近は日用品も取り扱い、デイリーユースなお店になりつつあるのがドラッグストアです。

 

ドラッグストアの本業は薬の販売ですが、最近ではドラッグストア内に調剤薬局を併設しているケースが増えています。

 

ドラッグストアでは、調剤報酬明細書の作成もお仕事としてしなければなりませんが、お薬の紹介なども対応しなければなりません。

 

また、薬以外の商品のレジ対応なども重要な仕事になる可能性があります。

 

何でも屋さんの要素が強くなるのがドラッグストアでの特長ですね。

 

接客に対してのスキルがより問われるので、いくら調剤薬局事務の資格を持っていたり知識に長けていてもそれが生かされないこともあります。