「調剤薬局事務」と「薬剤師」の業務内容の違いとは?

皆さんは薬剤師と聞くとどのようなイメージを持ちますでしょうか?

 

私が思いつくのが、高給取りと言う点が挙げられます。

 

命にもかかわる重大な仕事でもあるので、その対価と言う意味合いはありますが、それにしても高い給料で驚くばかりであります。

 

そんな薬剤師ですが、調剤薬局の中には薬剤師の他にも働いている方はたくさんいらっしゃいます。

 

その筆頭が調剤薬局事務の方であります。

 

では、薬剤師と調剤薬局事務の仕事内容はどのような点が異なるものなのでしょうか?

 

今回は、薬剤師と調剤薬局事務の違いについて紹介していきます。

 

薬剤師の主な仕事は?

まずは、薬剤師の主な仕事内容について紹介していきます。

 

メインはやはり調剤業務になります。

 

実際にお薬を調剤することを行うので、非常に高いスキルと知識が求められることになります。

 

その他にも、服薬指導という仕事も任されます。

 

お薬は、飲み方を誤ると非常に危険なことも発生します。

 

よって、飲む際の注意事項などをしっかりと説明するのも重要な仕事となります。

 

他には、患者さんの薬歴管理も行う必要があります。

 

これも重要なお仕事であり、カルテに近いくらいに重要視されているものになります。

 

このように、薬剤師の仕事は非常にハードルが高いものになっているのです。

 

調剤薬局事務との仕事の違いは?

では、調剤薬局事務との仕事の違いはどこにあるのでしょうか?

 

それは主に、レセプトと呼ばれるものの作成を行うか行わないかの違いであります。

 

レセプトとは、医療報酬の明細書のことを言います。

 

これを国などの保険者に対して請求することになるのですが、このレセプト作成は薬剤師は行いません。

 

やっている暇が無いというのが実際のところですね。

 

というのも、レセプト作成には資格などは必要ないのです。

 

知識と技能さえあれば誰でも実施できるものなのですが、一応資格も用意されています。