調剤薬局事務の給料はどのくらい?

調剤薬局事務ってどんな仕事をするの?

調剤薬局事務とは、調剤薬局で薬の処方をする薬剤師のサポートをする仕事です。薬の処方は薬剤師にしかすることができませんので、調剤薬局事務はそのサポート的な役割を果たすことになりますね。

 

例えば薬代の清算をすること、セルフでお茶を出す調剤薬局事務であれば、お茶を作ることや紙コップの準備をします。

 

また、いちばん重要な仕事が「レセプトの計算」ですね。レセプトは、診察を受けたひとが加入している保険組合に医療報酬を請求する仕事のことを言います。

 

これは調剤薬局事務の非常に重要な仕事になりますので、間違わないようにしっかりとこなす必要があるでしょう。

 

さて、この調剤薬局事務のお給料は大体どの低度なのでしょうか。

 

正社員だと大体月収18万くらいか

調剤薬局事務にも色々な働き方がありますので一概に言えませんが、大体正社員だと18万程度のお給料をもらうことができるようです。これに残業代がついて、大体20万前後になることも。年収だと大体300万前後ですね。

 

もちろんもう少し少ないところもあるようですが、それでも調剤薬局事務の仕事が女性に人気なのは「子供がいても働きやすい職場であることが多い」からではないでしょうか。調剤薬局は大体昼間の仕事ですし、パートなら16時くらいであがらせてもらえるところも少なくありません。

 

もちろん、GWのような長期休みも仕事はありませんし、土日もお休みです。さらに、調剤薬局事務は安定して患者さんが訪れるので潰れるということも少ないです。

 

調剤薬局事務として働く人は女性がとても多いのですが、やはり女性であれば「働きやすい環境であること」が一番ですので、そのことから調剤薬局事務の仕事は人気があるようです。

 

このため、調剤薬局事務の仕事は空きもなかなか出ず、就職先を探すこと自体難しいということも。人気の職業ですので、できれば資格をとっておいて「専門知識がある」ということをアピールしたいですね。