調剤薬局事務の試験の合格率はどれくらい?

調剤薬局事務の試験合格を目指す人はたくさんいると思いますが、では具体的にはどのくらいの合格率なのでしょうか。

 

ここで、具体的な合格率について触れてみたいと思います。

 

合格率は大体50パーセント前後

気になる調剤薬局事務の合格率ですが、大体50パーセント前後と言われています。50パーセントというと二人のうち一人が合格できる基準になりますね。

 

資格試験としては、50パーセントの合格率というのは決して高い方ではなく、やはり専門知識が必要となる調剤薬局事務の試験は、きちんと勉強をしていないと合格は難しいということになります。

 

特に「レセプト作成」などは、実際に試験のなかで作成をする問題が出てきますので、きちんと作成できるように勉強をしておかないと合格は難しいと考えて下さい。

 

調剤薬局事務試験に限らず、試験を受ける人の中には「もしかしたら適当に答えれば合格できるかもしれない」と考え、勉強もせずに受ける人がいると聞きますが、調剤薬局事務の資格はそれではまず合格できません。

 

合格のためには、調剤薬局事務の仕事をするための専門知識を学ぶことが必須です。

 

勉強は何らかの講座を利用して

専門知識を学ばなければならない調剤薬局事務講座は、やはり講座などを効果的に利用して学ぶことをお勧めします。

 

独学でも合格できないわけではありませんが、やはり「合格のためにはどこを重点的に学ばなければならないのか」などが分かりにくいです。

 

講座の場合はテキストも良くまとまったものが用意されていますし、合格のためにはどんな勉強が必要なのかについてもきちんとまとめられていますので、合格がより近いものになるはずです。

 

独学だと、偏った勉強内容になりやすいところもデメリットになりますので、できるだけ偏りがないように学ぶためにもぜひ調剤薬局講座を利用して学習してみてください。

 

調剤薬局事務の講座は数か月で受講が完了し、もし期間内に受講できなかった場合は延長制度があるところもあるので、そういったところを利用してみてはいかがでしょうか。