調剤薬局事務の求人状況はどう?

とにかく人気の調剤薬局事務

「調剤薬局」という安定した職場で働くことができる調剤薬局事務は、特に女性から多くの支持がある職業です。景気が多少回復したとはいえ、まだまだ安定した好景気とは言い難いこの時代。

 

病院がある限りほぼ潰れないと言っていい調剤薬局で働く調剤薬局事務の需要が高いのは当たり前のことなのかもしれません。

 

なんといっても、調剤薬局事務という仕事は、

 

・土日や祝日を休むことができる
・パートで働けるので、子供を育てながら働くことが可能である
というメリットがあるため、女性にとっては働きやすいものです。

 

このような好条件の調剤薬局事務の仕事は、やはり求人を探すことがなかなか難しいと言われています。

 

辞める人が少ない=求人が少ない

調剤薬局事務の仕事は、特に子育てと仕事を両立させたいという人に向いているので、子育て中の主婦からかなりの人気があります。このため、一度この仕事に就いた人が辞めるということが少ないので、どうしても求人が出にくいようです。

 

「調剤薬局事務の求人を探しているけれど、なかなか見つからない」と悩んでいる人も多いとか。

 

それを考えれば、やはり「求人が出たらすぐに応募することができるように求人状況に注意を払っておく」「少ないチャンスをゲットすることができるように、アピールできる武器を持っておくこと」が重要になります。

 

調剤薬局事務の仕事自体は資格がなくてもできますが、それでも調剤薬局事務の資格をとりたいと考える人が多いのは、いざ面接となったときに多少なりともアピールすることができるからなのです。

 

パートで働く人が多い

調剤薬局事務の仕事は、地域によっては「正社員ではなくパートでの募集が多い」ということもあるそう。確かに、調剤薬局事務の仕事はパートでも十分にやっていける仕事なので、雇う側としても「正社員よりもパートがいい」と考えるのかもしれません。

 

そのぶん、パートが働きやすい環境を用意してくれることが多いので、もともとパートとして働きたい!という希望を持っている人にとっては非常にいい職場になる可能性が高いです。

 

経験者が強い業界

調剤薬局事務の仕事でよく言われるのが「経験者が強い業界」ということです。

 

欠員があったとしても、結婚や出産で退職していったひとに「もう一度働いてみないか」と声がかかることもありますし、求人を出したとしても経験者を雇うことが多いです。

 

ここからも分かるとおり、現場というのは常に即戦力を求めているということ。調剤薬局にもよりますが、なんの知識もない人が雇われる可能性と言うのは低いと思っていたほうがいいでしょう。だからこそ、「資格を取りたい」という人も多いわけですね。

 

求人を見つけたいと思ったら、足を使わないとダメ!

この様に、調剤薬局事務の仕事をみつけること自体が非常に大変です。

 

もし「どうしても調剤薬局事務の仕事を見つけたい」と考えるなら、インターネットの求人サイトやハローワークなどをチェックするだけでなく、足を使って地元の調剤薬局をまわってみること。

 

なぜなら、小さめの調剤薬局ではネットやハローワークを使うのではなく店頭に求人の告知を出しているケースも多いため。この様なこともありますので、足を使ってみずから求人をつかみに行くようなバイタリティも必要になります。

 

とにかく必要なのは情報収集になりますので、出来る限りの手を使って求人情報を得る努力をしましょう!