調剤薬局事務の|仕事の需要はどれくらいある?

やっと景気が上向きになりつつある今、採用活動も活発化し始めています。

 

これぞアベノミクスの効果ともいえますね!

 

もちろん、医療系の人材はどこに行っても臨まれているものであります。

 

医療系と言っても様々なジャンルが存在しているのですが、人気の高い事務系の仕事に関しても需要が高いのです。

 

医療系の事務といえば、医療事務や調剤薬局事務があげられるわけですが、では調剤薬局事務の仕事に関しては求人はどのようになっているのでしょうか?

 

また、調剤薬局事務の需要は高いものなのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の求人と需要について紹介していきます。

 

調剤薬局事務の求人状況は?

まずは、調剤薬局事務の求人状況について説明します。

 

調剤薬局事務の主な働き先は、病院の薬局やドラッグストアがあります。

 

病院はまだしも、ドラッグストアは新規出店が多く見られるジャンルです。

 

新規出店がされれば、その分だけ求人も発生するわけです。

 

よって、調剤薬局事務の求人は大きな増減はないものの、安定して発生しているものになります。

 

新規出店が進みつつ、増加ではなく横ばいなのは一度調剤薬局事務となると離職率が低いためであります。

 

元々、主婦の方がパートで働くケースがあるためであると言われています。

 

調剤薬局事務の需要は?

では続きまして、調剤薬局事務の需要について紹介していきます。

 

求人状況のところでも触れましたが、新規の出店により求人が増えて需要が高いのが実情です。

 

また、高齢化社会になって久しいわけですが、それにより患者さんも増加しているので調剤薬局事務の仕事も更に増えています。

 

これにより、調剤薬局事務の需要アップにつながっています。

 

需要が高いのですが、実際には正規雇用というケースは少なくパート契約になるケースが殆んどです。

 

それは、主な仕事がレセプトと呼ばれる月一回の保険料請求であるためです。

 

レセプト作成時期は多忙を迎えますが、それ以外の時期はあまり仕事がないので、パート契約で十分なのです。