医療保険調剤報酬事務士とは?

医療保険調剤報酬事務士とは、「医療保険学院」が主催する資格試験。

 

「医療保険調剤報酬事務士」のほかに「医療事務」についての検定も実施しており、この二つの資格認定をしている機関として非常に良く知られています。

 

医療保険学院の特徴について

・実際に調剤薬局事務で働いている人や医師がテキストを作っている
・中間テストの結果は、できるだけ早く添削をしてくれる
・診療報酬点数改正の際はいちはやく動いてテキストを作成
・短い期間で受講できるので、仕事をしている人でも負担が少ない
・アフターケアをうけられるので、何かあったら頼れる

 

調剤報酬事務講座、コースの特徴について

・基礎編と実習編で調剤薬局事務を徹底的に学べる
・3回の中間テスト
・中間テストにすべて合格→修了検定試験を受けることができるようになります
・修了検定試験に合格→医療保険調剤報酬事務士

 

費用はいくらなの?

医療保険調剤報酬事務士の受講費用は以下の通り。
※調剤報酬事務講座:受講期間4カ月

 

【一括払い】36000円

 

【分割払い】
・一回目の支払い:27000円
・二回目の支払い:6000円
・三回目の支払い:6000円

 

【受験料】
初回のみ無料で受験可能、二回目から4000円になります。

 

試験は毎月行われています

この医療保険調剤報酬事務士の修了試験は毎月行われています。つまり、年に12回受けるチャンスがあるということで、だからこそ受験しやすい試験でもあります。

 

毎月受験できるチャンスがあれば、仕事がある人でも焦らずに自分のペースで学習をして仕事をすることができますよね。色々な人が無理なく受験することができるように、配慮されている試験と言えるでしょう。

 

また、この医療保険調剤報酬事務士の修了試験は自宅で受験することになりますので、「遠くの会場まで受験をしに行くのは難しい」と考えている人にもオススメの資格です。

 

まずは医療保険学院が主催している講座を受講し、三回ある中間テストを受けて修了試験を受けることになりますので、興味を持たれた方は受講をしてみてください。