調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務ってどんな仕事?

最近、主婦の間で非常に人気が高まっているのが「調剤薬局事務」というお仕事です。

 

調剤薬局で、薬剤師と一緒に働く調剤薬局事務がどのような仕事をするのかを見ていきましょう。

 

レセプト作成

恐らく、調剤薬局事務の仕事と聞いて真っ先に思い浮かべるのが「レセプト作成」ではないでしょうか。

 

私たちが病院に行ったとき、窓口で支払い義務が発生するのは診療費の1〜3割になります。その他の7〜9割は、加入している保険組合が支払うことになります。

 

そのため、医療機関や調剤薬局では、診療費の残りを保険組合に請求するための作業をしなければなりません。

 

この時に提出をするのが「調剤報酬明細書(レセプト)」であり、これを作成する作業を「レセプト作成」と呼んでいます。

 

レセプトは月に一度提出する必要があり、その日のために「調剤報酬点数表」と照らし合わせを行いながら作成をすることになります。もちろん、専門知識が必要になる作業です。

 

このレセプト作成でミスがあるとつくりなおしになりますので、作成する調剤薬局事務には「間違いないように制作をする」という正確さが求められます。

 

調剤薬局事務の仕事の中でも、もっともよく知られる仕事です。

 

薬歴簿をつくる

調剤薬局では、「誰にいつどんな薬を処方したのか」の記録をとっておかなければなりません。

 

なぜこのような作業が必要になるのかというと、処方した薬で体調不良などが起きた時に「どの薬を処方したのか」を確認できなければ困るためです。

 

この薬歴簿も、調剤薬局事務が作成を行います。お客様の健康を守るために、必要不可欠な仕事です。

 

そのほか

調剤薬局で薬の処方をすることができるのは薬剤師のみ。このため、調剤薬局事務は薬の処方以外のすべての作業を行います。

 

例えば、やってくる患者さんが待合室で読む雑誌を用意することもそうですし、セルフサービスのお茶を用意することも仕事のひとつになります。患者さんのための環境を整えることは、調剤薬局事務の本当に大切な仕事です。

 

また、受付や会計で患者さんと触れ合うことも仕事ですので、常に笑顔で患者さんを迎えることができるような接客応対も求められます。

 

忙しい仕事ではありますが、やりがいがあるとても楽しい仕事です。