調剤薬局事務の資格とは?

調剤薬局事務の資格は、比較的取得しやすい資格として有名でもあります。

 

この調剤薬局事務の資格とはどのようなものなのか、ここでご説明していこうと思います。

 

どんな資格?

調剤薬局事務の資格は、調剤薬局にて様々な事務作業に携わるための専門的知識を習得した証となります。

 

比較的取得しやすいとされている資格で、大変人気のある資格でもあります。

 

この調剤薬局事務の資格には、いくつかの種類があり、全て民間資格となっています。ですので、認知度や試験の合格率といったものはそれぞれの資格によって異なります。

 

仕事内容としては、以下のようなものがあります。

 

受付や会計、接客など

受付から電話対応、会計など、接客も含めた仕事を行います。

 

データの管理

患者さんの処方箋のデータを管理します。パソコンで管理しますので、パソコン操作が出来る事が重要です。

 

レセプトの作成

調剤の費用などを保険者に請求する調剤報酬請求業務(レセプト作成)を行います。

 

処方箋の入力

処方箋や処方内容をパソコンに入力し、調剤録をつけます。

 

薬歴簿の作成

薬の組み合わせによって副作用が生じないよう、処方した薬や処方時期などを記載していきます。

 

薬剤師の補助

薬剤師の業務を補助します。

 

このような仕事を行っていくのが、調剤薬局事務です。

 

経験を重ねていくと、仕事内容や幅も広がり、それと同時に責任も重くなっていき、大きなやりがいを感じる事が出来る資格となっています。

 

資格を取得するメリット

調剤薬局での処方箋受付は、毎年増加傾向にあります。そのため、専門的知識などを身につけている調剤薬局事務の方は、とても需要が高まっているのです。

 

ですので、調剤薬局事務の資格を取得していると、就職しやすいというメリットがあるのです。

 

また、薬剤に関する知識を身につけることで、普段の生活などにも役立てる事が可能です。

 

自分の家族を間違った薬剤知識から守るという意味でも、取得するメリットは十分にあると言えます。