調剤事務管理士とは?

調剤事務管理士といえば、あの「ユーキャン」での通信講座が有名ですね。AKB48の横山由依さんも挑戦して見事合格を果たしており、非常に人気の高い資格であることがわかります。

 

また、AKB48のメンバーが受講して合格をしたということから、親近感を持ってこの資格取得を目指す人も多いみたいですね。

 

では、調剤事務管理士とはどんな資格なのでしょうか。

 

調剤事務管理士認定試験の概要

調剤事務管理士の資格は、調剤事務管理士認定試験を受けることで取得することが可能に。つまり、調剤事務管理士認定試験に向けた勉強をしなくてはなりません。

 

試験の内容は学科と実技にわかれていますので、どちらにも対応をすることができるようにしておく必要があります。

 

学科はマークシート形式で出題数は10問。「10問だったら少ないじゃない」と思われそうですが、この10問には「法規」「保険請求事務」「薬の基礎知識」について出題されるため、きちんと勉強しないとまず受かりません。

 

また、実技は実際にレセプトを作成することになりますので、きちんとレセプトの書き方なども学んでおく必要があります。

 

合格率は大体5〜6割と言われていますので、受けた人の半分は落ちてしまう試験です。

 

調剤薬局事務は合格率が高いといわれていますが、調剤事務管理士の場合は「半分の合格率である」ということを意識しておいた方がいいでしょう。

 

調剤事務管理士に合格するには

調剤薬局事務の仕事の基本はレセプトに関するものがほとんどなので、やはりレセプトの読み方などをきちんと学んでおくことが大事。レセプトを学ぶことで、調剤薬局事務の仕事内容も輪郭が見えやすくなります。

 

調剤事務管理士については過去問題が発売されていますので、これをみながら大体の出題傾向を探るといいでしょう。

 

調剤事務管理士は医療分野の中でも「薬剤」のみに特化している資格なので、他の医療関連の資格の中でも勉強はしやすいです。コツをおさえて勉強をしていけば、必ず合格をすることができるでしょう。