日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の特徴

日本医療事務協会でも、調剤薬局事務が開設されています。この団体が認定している調剤薬局事務資格の特徴は、なんといっても「通学コースなら3日で講義を終えることができる」というもの。

 

通学コース自体は多くの団体が開設をしていますが、わずか3日で講義が終わるというのは驚異的なスピードです。

 

なぜこのように短い期間に設定しているのかというと、「再就職や転職を目指す女性たちが、できるだけ短い期間で資格を取得することができるように」という配慮があるため。

 

女性の転職や就職には資格取得が有利に働きますが、その取得のために長い時間がかかっていては意味がありません。

 

世の中には、取得するためにとても長い時間をかけなければならない資格も存在しますが、やはり再就職や転職のためという理由なら「短い時間で取得できるものを」と考える人が多いでしょう。

 

そういった人が無理なく資格をとれるように、日本医療事務協会では「短い期間で資格を取得できる」ということを念頭に置いたカリキュラムを作っているのです。
こうやって、細やかな点まで配慮した資格取得の方法を考えてくれているのが、日本医療事務協会の調剤薬局事務講座の特徴です。

 

通学コースと通信コースを選べます

自分に合った学び方を選択することができるように、日本医療事務協会では「通学コース」「通信コース」の二つのコースを用意しています。

 

「直接講義をきいて学びたい」と考えている人は通学コースが、「自宅で自分のペースで学習をしたい」と考えている人には通信コースがいいでしょう。

 

この様に、自分のライフスタイルや環境に合わせて学習のスタイルをえらぶことができるというのも、この口座の特徴ではないでしょうか。

 

また、どちらの講座であっても専門用語をきちんと解説しているなど「分かりやすさ」を重視しています。

 

日本医療事務協会の調剤薬局事務試験は、合格率が90パーセントを超えるなど「かなり高い合格率である」というメリットもありますので、そういった点でも選ぶ人は多そうですね。