調剤薬局事務の採用面接を攻略するポイント

派手な服装はNG!

調剤薬局事務は調剤薬局で働く仕事。薬局もひとつの医療機関として考えれば、やはり「清潔感」は重要なものになるでしょう。

 

服装のルールは調剤薬局によっても異なりますが、明るいヘアカラーをダメとするところは少なくないですし、爪などもきちんと切りそろえておかなければなりません。

 

つまり、面接でもこれらのポイントは重視される可能性がある、ということです。

 

面接の時には、髪が長ければまとめていくなど清潔感をアピールすること。爪が長かったら切る、スーツもきちんと皺がないものを着ていくなど、全体的に「清潔感」を印象付けることができるような服装を心がけて下さい。

 

メイクやヘアカラーなども見直すことをお勧めします。

 

笑顔はどんな面接でも大事

また、笑顔で受け答えをするのはどんな面接でも重要なものになります。

 

調剤薬局事務は接客業としての側面も持っていますので、

 

★ニコニコと笑いながら応対できる
★言葉遣いがしっかりしていて、敬語を使うことができる
★背筋を伸ばして姿勢を正しく
★相手の話をきちんと聞く姿勢

 

以上が、非常に重要なポイントとなります。これらは面接の前にきちんと練習しておくなどして、アピールできるようにしておいてください。

 

調剤薬局も、同じ地域に何件も密集して建つ時代になりました。1人でも多くの患者さんを呼び込むためにも、調剤薬局事務が「笑顔で」「感じよく」「患者さんを安心させるような接客応対ができる」ということは必須になってきています。

 

どの調剤薬局でも「笑顔」「感じのいい応対」は必ず重視しますので、これから調剤薬局事務になりたいと考えている人は練習しておきましょう。

 

写真写りも大事です

最近は、履歴書に出す写真もできるだけきちんとしたところで撮影する人が増えました。

 

以前は「証明写真でいいや」という人も多かったようですが、履歴書の写真と言うのはその人を知る非常に重要な手掛かりになりますので、好印象を持ってもらえるような写真であることが望ましいとされるようになっているそう。

 

プロの写真屋さんに依頼するケースも増えていますので、できるだけ綺麗に撮影してくれる写真屋さんを探してみて下さい。

 

あまりに希望者が多いと、写真の印象で面接まで進めるかそうじゃないかが決まることもありますので、きちんとした写真を用意しておくことは大事です。