調剤薬局事務の仕事は未経験でも可能?

世の中、いきなり知らない業種の仕事をすることができるほど器用な人はいないと思います。

 

類似の仕事であればなんとかこなせるでしょうが、全く知らないジャンルの仕事をいきなりやれ!と言われても、困っちゃいますよね。

 

ただ、社会人となるとそのような状況にも置かれてしまうことがあります。

 

特に、事務系の仕事はどれも一緒と思われていて、実は全く違う仕事内容で困ることもあります。

 

調剤薬局事務というと、何となくイメージは付きますが、具体的にどのような仕事をしているかは想像しにくい点があります。

 

実際に、調剤薬局事務の仕事はどのようなものなのでしょうか?

 

また、未経験でもいきなり調剤薬局事務として働く事はできるものなのでしょうか?

 

調剤薬局事務の仕事内容は?

調剤薬局事務とは、主に街の調剤薬局やドラッグストア等の事務を担当する仕事になります。

 

事務というと、書類の整理であったりパソコンを使用して文書を作成するイメージがあるのですが、調剤薬局事務の場合はこの他にも重要な仕事があります。

 

それが、レセプトと呼ばれる調剤報酬明細の作成業務です。

 

実際のお薬を処方する場合には、患者さんが負担する部分は1~3割程度であり、他は保険者が費用負担することになります。

 

その中で、保険者に請求する額を計算して、請求書としてレセプトを作成することになります。

 

レセプトは、月一回のみ提出できるものなので、このタイミングを逃すと患者さんにも仕事先にも多大な迷惑がかかります。

 

仕事は未経験者でもできる?

では、ここからが本題で、調剤薬局事務の仕事は未経験者でもできるかについて説明します。

 

結論から言いますと、未経験者でも実施できなくはないですが、非常に厳しいです。

 

レセプトの作成は非常に難しいものとなっているので、いきなり知らない状態で対応するというのは困難を極めます。

 

また、必須ではないのですが調剤薬局事務に関する資格が用意されているなど、非常に難しい仕事なんです。