調剤薬局事務の年収はどれくらい?

調剤薬局事務の年収がどれくらいあるのか、気になる方もおられるのではないでしょうか。一生働ける仕事とも言えるため、年収部分はとても気になると思います。

 

ここでは、調剤薬局事務の年収はどれくらいなのかという事について、ご紹介していこうと思います。

 

年収はどれくらい?

調剤薬局事務の年収は、大体平均すると約300万円前後というのが相場となっています。

 

もちろん、この年収は、雇用形態や薬局などによって様々ですが、各種手当などを含むと大体がこのくらいになります。

 

求人情報から見てみると、調剤薬局事務としての経験が問われることがあり、未経験の場合と経験者の場合で給料が異なっていることがあります。

 

とある求人では、経験者の時給が900円程度であるのに対し、未経験者の時給は860円程度となっていました。

 

また、アルバイトやパート、派遣などでの求人が多く出されており、正社員としての雇用はあまり見受けられませんでした。

 

給料は、時給850円?1,200円と、地域や薬局によってはかなりの差があるようです。

 

時給1,200円という調剤薬局事務の求人では、休日出勤をお願いすることがあるとのことですので、時給が他より高い場合にはそのような理由が関係していることもあります。

 

このように、正社員としてではなくパートやアルバイトとして働く場合であっても、一般的な時給よりも高めの給料となっていますので、年収として考えてみても、それなりの額になります。

 

もちろん、扶養の範囲内で働くということも可能ですので、助かります。

 

仕事の内容はとても多岐に渡り責任も重大となる仕事ではありますが、パートやアルバイトという働き方を選ぶ事で、自分の生活スタイルに合った働き方が可能となります。

 

薬局によっては、経験や能力によって給料が上がるところもありますので、働いていく上で給料に不満を持つことはあまり無いと思われます。