調剤薬局事務|仕事の勤務時間はどれくらい?

仕事を探す上で重要なのが、勤務体系があります。

 

どんなに魅力的な仕事であっても、例えば夜勤帯に勤務するとなると自身の体力も問題となりますし、家族にも影響が及ぶ可能性があります。

 

よって、慎重に選ぶ必要があるわけです。

 

医療系の仕事というと、職場によっては24時間体制で勤務するところもあります。

 

主に調剤薬局で事務の仕事を担当する調剤薬局事務の仕事については、勤務体系はどのような形で雇用されることが多いのでしょうか?

 

また、勤務時間はどの程度のところが多いのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の勤務体系について紹介していきます。

 

調剤薬局事務の勤務時間は?

調剤薬局事務と一言に言っても、実は多くの場所で存在する仕事になります。

 

例えば、ドラッグストアも調剤薬局事務を置いていることで知られています。

 

ドラッグストアは、年々営業時間が伸びている傾向があります。

 

朝は9時位からで、夜は22時近くまで営業しているところもあります。

 

その営業時間に合わせて、調剤薬局事務も働かなければなりません。

 

また、営業時間内以外にも、開店前と後で仕事は残されています。

 

よって、勤務時間は雇用先によってバラバラであるのです。

 

ドラッグストアの場合はシフト制で勤務?

先に紹介しましたが、営業時間は雇用先でまちまちとなりますし、一人ではなく2人でシフトを組んで勤務するケースがあります。

 

大抵の場合、早番と遅番に分かれて、早番の人はオープン前から昼過ぎまで、遅番の人は昼過ぎから閉店までを担当、という形を採用しているところが多いようです。

 

また、シフト制を採用しているところの殆どが、パートやアルバイトという形で雇用されています。

 

よって、勤務時間についてもフルタイムではなく、日によっては2時間程度働くだけという形を取るところもあります。

 

ここまではドラッグストアの話が中心でしたが、病院近くの調剤薬局事務の場合は病院の時間とほぼ同期していますので、フルタイムでの雇用となるケースが多いようです。