調剤薬局事務の仕事は楽しい?

患者さんとの距離が近い調剤薬局事務

調剤薬局事務は、薬局に訪れた患者さんにいちばんに触れあう仕事。

 

処方箋を持った患者さんがやってきたら、まず調剤薬局事務が応対をして薬剤師に処方をお願いする&取次ぎを行うので、いわば調剤薬局の窓口てきな役割を果たすことになります。

 

一番に接するのが調剤薬局事務ですから、やはり患者さんは調剤薬局事務の対応を見て「ここが良い薬局なのかどうか」をはかるようなところはありそうです。

 

やはり、どんな患者さんであっても「ニコニコと明るく声をかけてくれるスタッフ」がいる調剤薬局は行きやすいですし、「次もこの調剤薬局にお願いしよう」という気持ちになるでしょう。

 

調剤薬局は大きな病院の近隣にいくつもあったりするので、「自分が働いている調剤薬局を選んでもらえるかどうか」というのはやはり調剤薬局事務の対応にかかっているところもあります。

 

「一人でも多くの患者さんを呼び込むんだ!」という気持ちでお仕事をすることができるのは、やりがいがあるのではないでしょうか。

 

患者さんと接することの重要性

調剤薬局には、いろいろな病気を抱えた方がやってきます。そういう方に接していると、自然と病気の悩みを聞くことも増えてきます。

 

そういった患者さんが、調剤薬局にくるたびに元気な姿になっていったり、ニコニコと話しかけてくれると自然と仕事が楽しくなるものです。

 

患者さんから元気をもらえる機会も非常に大きく、それが仕事のやりがいにつながっていくはずです。

 

調剤薬局事務も、広くみれは「医療」の仕事のひとつであり、人が元気に健康になるためのお仕事のひとつ。そのような仕事をすることは、やはり楽しみもやりがいも大きいです。

 

もちろん仕事である以上責任も肩にかかってきますが、それ以上に「やりがい」はとても大きなものなのではないでしょうか。

 

間近で医療のお仕事を見ることができる仕事でもありますので、そういう意味でも「学び」の要素も非常に大きな仕事になります。