調剤薬局事務に向いている人の特徴とは?

最近注目されている「調剤薬局事務」とい職業。女性にとって非常にやりやすい仕事であると言われていますが、この職業に向いている人はどんな人なのでしょうか?

 

世間でどんなに「ステキな仕事!」と紹介されていても、自分に向いていなければ意味がありません。ここで、「どんな人に向いている仕事なのか」をみていきましょう。

 

まず、コミュニケーション能力の高さは外せません。調剤薬局には、本当に毎日色々な人がやってきます。

 

それを思えば、どんな患者さんがきても笑顔でお話で迎えられること、優しく笑顔で話を聞くことができるというのは本当に大切なことになるでしょう。

 

調剤薬局を訪れる人というのは多かれ少なかれ病気を持っていますし、不安な気持ちを抱えているということも少なくありません。

 

また、調剤薬局事務の対応の良さで薬を処方してもらう調剤薬局を決める患者さんもいますので、たくさんの患者さんに安心してきてもらえるような工夫ができる人が向いています。

 

基本はいつでも笑顔で、感じのいい対応をする事ができる人ですね。

 

また、医療の現場で働くからこそ、「清潔感があること」は外せません。調剤薬局は病院ではありませんが、それでも清潔感があり衛生的であることが求められる現場です。

 

長い爪はもとより、マニキュアや茶髪などは禁止のところが多いですし、香水などは絶対にダメ。そのような衛生管理の厳しい職場であることを常に意識できる人であることが重要ですね。

 

最近はパソコンを扱えることも条件に

近年は、レセプトの記録も手書きではなくパソコンで行う例が増えています。この為、最低限のパソコンスキルは必要になると考えて下さい。

 

といっても、そんなに複雑な操作をするということもありませんので、基本的な操作をすることができればOKです。

 

ただ、たくさんのレセプトを処理するためにも「キーボード操作の速さ」は要求されます。調剤薬局事務を目指すなら、できれはブラインドタッチを身に着けておきたいですね。