「調剤薬局事務」と「医療事務」、どちらの資格が就職に有利?

誰もが知っている人気の仕事のひとつに、医療事務というものがあります。

 

これは、資格制度を採用していて多くの方に注目されいているからに他なりません。

 

なぜ医療事務の資格が人気であるかと言うと、資格を取り扱う会社のCMで猛プッシュしているからであります。

 

「あの人でも資格が取得できた!」と聞けば、何のCMであるかは一目瞭然でしょう。

 

そんな医療事務の資格ですが、類似する資格として調剤薬局事務という資格も存在しています。

 

調剤薬局事務とは、病院の薬局やドラッグストアなどで事務を担当している方になります。

 

同じステージで仕事をしているように見える医療事務と調剤薬局事務ですが、資格を取るとしたらどちらが就職に有利なのでしょうか?

 

今回は、この2つの資格を比較していきたいと思います。

 

調剤薬局事務は医療事務の中の1つ?

調剤薬局事務と医療事務の違いを探る上で、互いの歴史を紐解きます。

 

実は、調剤薬局事務の資格ができたのは比較的最近であり、医療事務の資格の方が歴史が長いのです。

 

それもそのはず、元々は医療事務であったものが細分化されて、調剤薬局事務という資格が誕生したのです。

 

よって、2つの仕事にそんなに大きな差は無いものなのです。

 

就職に有利なのはどちら?

先に紹介したとおり、調剤薬局事務と医療事務は親子のような関係で、医療事務が親で調剤薬局事務が子供となります。

 

よって、各という面では医療事務の方が数段上と言う扱いになります。

 

実際に、就職面で見ても医療事務の資格を採用用件に挙げているケースが多く見られますが、調剤薬局事務の資格を採用用件に上げているケースはとても少ないのが実情です。

 

更に言えば、調剤薬局事務の採用の用件として医療事務の資格所有者もしくは経験者というものが良く見られます。

 

よって、就職面で言えば断然医療事務の資格所有者の方が有利に働きます。

 

世間一般のイメージでも、医療事務の方が上位にランクされているようですので、その点からもどちらの資格を取得すべきかを判断すると良いでしょうね!