最短で調剤薬局事務資格を取得するための勉強法

人気が高まっている調剤薬局事務資格ですが、その難易度はそこまで高くありません。

 

調剤薬局事務の資格は複数の団体が認定を行っており、その中のどの試験を受けるのかで難易度は変わってきますが、それでも「どの試験を受けても、大体5割から7割程度の確率で合格できる」と言われていますので、きちんと勉強をしていれば合格できないということはまずありません。

 

なぜ難易度が低くなっているのかというと、「調剤薬局事務の仕事というのは分野が限られているため」という理由があります。

 

難易度がたかい試験というのは、もちろんその問題が難しいという理由もありますが「出題範囲が広いために、学ばなければならないことがたくさんあり、勉強をするのが大変」という理由があります。

 

出題範囲が広いということは、それだけ勉強をして覚えなければならないことが多いということになるので、難易度もおのずと高くなってしまうのです。

 

しかし、調剤薬局事務の場合は学ぶものが薬剤に限定されていますので、初心者にも学びやすいですし、試験もテキストをみながらできるものもあります。

 

調剤薬局事務の仕事というのは、暗記ではなく「どれだけ正確に仕事ができるか」にかかっていますので、テキストをみながらお勉強というのもOKになるのですね。この為、難易度はそこまで高くないと言われているのです。

 

ただし、「調剤報酬請求事務専門士」のように1級になると1〜2割の合格率になっているものもあり、すべての試験が簡単であるということではありません。
専門分野の資格だけに、基礎からきちんと学ぶ必要がある資格です。

 

では、どのくらいで取得できるの?

どの講座で学び、試験を受けるかにもよりますが、最短だと「4日で取得できる」というものがあります。

 

この場合、口座でも講師がきちんと勉強法について指導をしてくれるだけでなく、疑問点についても真摯に回答をしてくれるなどしっかりしたサポートがついています。

 

このため、短期間で合格するための勉強法を身に着けることができるというわけですね。

 

もしあなたが「最短で調剤薬局事務の資格を取得したい」と考えるなら、こうしてしっかりと勉強法からサポートをしてくれるような講座を選んでみると「短い期間での合格」を実現することができるのではないでしょうか?