調剤薬局事務の今後について

安定した業界ではあるものの、競争の度合いは高まっている

お年寄りの数が増えると共に病院の需要は高まり、それと同時に調剤薬局にも注目が集まるようになりました。病院に行く人がふえれば、必然的に調剤薬局で薬の処方を受ける人も増えるでしょう。

 

そのことを思えば、基本的に「調剤薬局で働く調剤薬局事務の需要も増えている」と考えることができます。

 

一方で、「調剤薬局そのものの業界が安定しているとは言えないのではないか」という指摘もあるようです。

 

調剤薬局の需要が高まっているというのは事実ですが、反面「調剤薬局の数そのものも増えている」という現状があるため、患者の取り合いになっているという状況も起きているそう。

 

売り上げを維持するためには、できるだけ多くの患者さんに来てもらわなければなりません。ドラッグストアを含めれば、今やコンビニ以上に調剤薬局があるという地域も珍しくなくなってきています。

 

また、処方箋の数についても上限が見えてきたという報告もあるそうで、それを考えれば「今は良くても、今後はどうなるのか解らないのが調剤薬局である」と言えるのかもしれません。

 

では、調剤薬局や調剤薬局事務の今後はどうなるのでしょうか?

 

しかし、なくなることはないのも調剤薬局

調剤薬局事務の今後については、楽観論もあれば厳しい指摘があることも事実です。しかし、調剤薬局が今後なくなることは考えられませんので、そう考えれば「調剤薬局事務の仕事はなくならない」ということも事実。

 

一定の需要は必ずありますので、今後も調剤薬局事務の需要は残っていくでしょう。

 

ただ、やはり「質の良い調剤薬局事務がほしい」というのはどこも変わりませんので、長く働くには「スキルアップをして、調剤薬局へやってくる患者さんを増やす」などの努力が必要になりそうです。

 

今後とも調剤薬局事務の仕事は多くあるでしょうし、なくなることもありませんが、やはり「質の高い仕事ができる人材がより求められるようになる」ということになるのではないでしょうか。