調剤薬局事務の試験にはどんな問題が出題される?

人気が高い調剤薬局事務の資格

誰しも、仕事を探すのであれば「安定した業界がいい」と考えるものです。

 

景気が回復してきたとは言えまだまだ景気は不安定で、リストラや給料カットがある企業もないとは言えない今、少しでも安定した業界で安定した賃金を得たいと考えるのは当たり前のことですよね。そんな時代の流れから、注目されつつあるのが「調剤薬局事務」という資格です。

 

調剤薬局事務は、調剤薬局で薬剤師が行う薬の処方以外のすべてを行う補佐的な役割を担うお仕事。例えば、処方された薬のお会計をすることもそうですし、お店の掃除や待ち時間に読む雑誌の用意をすることも調剤薬局事務の仕事です。

 

なかなか大変な仕事ではありますが、調剤薬局事務が働く薬局は病院がなくならない限りつぶれることはありませんので、安定した仕事であるということで人気があります。

 

調剤薬局事務の仕事自体は資格がなくてもできるものですが、人気があるために「資格を取得して、知識があるということをアピールしたい」と考える人が取得を考えるようですね。
では、調剤薬局事務の資格試験はどのような問題が出てくるのでしょうか。

 

調剤薬局事務の試験内容

調剤薬局事務資格の試験問題は以下のとおり。

 

問題は「学科」「実技」の2つに分けて出題
学科の試験内容

・法規→医療保険制度について、公費負担医療制度についてなど
・保険請求事務→調剤報酬点数の出し方や調剤報酬明細書の作り方など
・薬に関する知識について

 

実技の試験内容

・レセプトの点検
・レセプトを実際に作成する

 

まず、調剤薬局事務の試験は出題範囲が限定されていますので、広範囲に勉強しなくていいというメリットがあります。これが医療事務だと結構な範囲での勉強が必要ですが、調剤薬局事務の場合は薬とそれに関する勉強のみでOKなので、難易度はそれほど高くありません。

 

また、テキストをみながら問題を解くこともできるというのもメリットですね。もともと調剤薬局事務の仕事と言うのは「覚えてそれを実践する」というよりも、「資料をみてその通りにやる」ということが多いので、テキストをみながら試験を受けることが可能なのです。

 

また、認定試験を行っている協会によっては年に何度も試験を行っていることもありますので、「試験を受けるチャンスが多い」ということも大きなメリットになるでしょう。

 

合格率は大体50パーセント前後と言うことなので、きちんと対策をしていけば合格は十分に可能です。