調剤薬局事務の仕事|収入はどれくらいあるの?

医療系のお仕事といえば何をイメージされますでしょうか?

 

正確性が問われる、かなりハードな仕事…などが思い浮かぶでしょうか?

 

私の場合は、真っ先に思い浮かぶのが収入についてです。

 

給料が高く、ボーナスもいっぱいもらっているというのが私の中でのイメージがあります。

 

お医者さんとなれば別格でしょうし、調剤薬局で働く方もそれなりに高給取りであると見立てています。

 

では、実際にはどの程度収入があるお仕事なのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の収入について紹介していきます。

 

調剤薬局事務の主なお仕事は?

まずは、調剤薬局事務の主なお仕事内容について紹介します。

 

調剤薬局事務のメイン業務は、調剤報酬明細書と呼ばれる、調剤費用の請求業務です。

 

これは、主に保険者に費用を請求する業務となり、月一回決まった日に請求することになるので、その請求日の直前は残業も覚悟しなければならないケースが多いです。

 

その他では、お客様にお薬を渡し、費用を請求することも重要なお仕事になります。

 

病院の調剤薬局の収入は?

ではここから、本題の調剤薬局の収入について解説していきます。

 

まずは、病院の近くにある調剤薬局の収入についてです。

 

一般的な収入を見てみると、一般的な会社の事務を行っている正社員の方と収入は大きく変わらないというデータが有ります。

 

具体的に言うと、月給20万円程度というケースが多いようです。

 

これに賞与などを加算しても、年収でも300万円ちょっととなります。

 

想像しているより、少ないという印象を持ちますが、これは調剤薬局事務がメジャーな職業と見られておらず、資格制度を引いていても国家資格ではないことが影響しているものと思われます。

 

ドラッグストアの調剤薬局の収入は?

ドラッグストアでも、調剤薬局事務の仕事を実施することができるのですが、その収入を調べてみると残念ながら収入が非常に低いのが実情です。

 

これは、正社員ではなくパート扱いで雇用されるケースが多いためです。

 

勿論、頑張り次第で正社員になっていけばそれなりに収入がアップするのでしょうが、実績だけ見ると収入は低いという事実があります。