調剤薬局事務の仕事のやりがいとは?

やりがいが大きい調剤薬局事務

調剤薬局事務の仕事は医師のように診療をするわけではありませんし、薬剤師のように薬の処方をすることができる専門職でもありません。

 

ただ、病気になってしまった患者さんを温かく迎え、送り出す時には「お大事に」と心をこめて頭を下げる、そんな温かいやりとりをすることができる仕事です。病気になってしまった人と言うのは、多かれ少なかれ不安を抱えて病院や調剤薬局を訪れます。

 

調剤薬局で、患者さんがまず接するのは受付も行う調剤薬局事務になりますので、不安を感じさせない明るい笑顔やてきぱきとした動作は調剤薬局事務の仕事に必須と言っていいでしょう。

 

時には患者さんの心を和ませ、安心して訪れることができる空間を作り上げることは、調剤薬局事務にとって非常に大きなやりがいとなるはずです。

 

薬剤師のサポートができる

調剤薬局は、患者さんが薬の処方をしてもらうために訪れる場所。薬の処方は薬剤師にしかできませんので、調剤薬局事務の仕事はその周辺のサポートに限られます。

 

レセプト作成をすることもそうですし、患者さんの受付から会計までこなすこともそうですね。どうやったら薬剤師が仕事をしやすくなるか、そのことを考えて仕事をするのは「やりがい」につながるのではないでしょうか。

 

薬剤師がはたらきやすい環境をつくることは、調剤薬局事務の機能が向上することでもあり、それは結果的に患者さんにも大きなプラスとなるはずです。

 

1人でも多くの患者さんに来てもらえるように

調剤薬局も数が増えてきており、1人でも多くの患者さんに来てもらいたいという切実な願いをもつところは少なくありません。患者さんにきてもらうには、やはり気持ちのいい接客応対をする必要がありますよね。

 

いかにして患者さんを呼び込むのか、患者さんにたくさん来てもらえるような接客とはどんなものなのか、そういったことを考えながら仕事をする楽しさがあるのも調剤薬局事務です。