調剤薬局事務と医療事務の違いとは?おすすめはどっち?

調剤薬局事務と医療事務、どう違うの?

似ているようでまったく違う「調剤薬局事務」と「医療事務」。

 

では、一体どのように違うのかをまとめてみました。

 

それぞれの仕事内容をまとめてみる

医療事務について
カルテの管理

病院には必ずカルテがありますが、医療事務はそのカルテを出すことから回収までを一気に引き受けます。最近はカルテを電子化しているところも多いので、その場合も対応しなければなりません。

 

レセプト作成

「診療報酬明細書」の作成を行います。

 

受付・案内・会計

病院での受付から会計に至るまで、患者さんへの対応を行います。

 

その他、雑務

どんな病院で働くかによって、医療事務の仕事の範囲も変わってきます。小さな病院だと、細々とした雑務もこなすことになりますので、そのぶん業務も忙しくなるかもしれません。

 

ただ、大病院と違って訪れるのが馴染みの患者さんばかりであることが多いので、その地に根付いた医療のお手伝いができるというメリットがあるかもしれません。

 

調剤薬局事務について
薬歴簿をつくること

調剤薬局では、どの患者さんにどの薬を処方したのかをきちんと記録しなければなりません。院内処方であれば2年、調剤薬局であれば3年は管理をすることが義務付けられています。この管理をすることは、調剤薬局事務の仕事になります。

 

レセプト業務

「診療報酬明細書」の作成を行います。

 

受付と会計

病院でもらった処方箋を受け取ったり、お会計をしたりというお仕事。

 

その他、雑務

調剤薬局事務は、薬剤師が行う薬の処方以外のすべての仕事を行います。店舗の掃除や雑誌の用意なども行うことが多いですね。

 

こうしてみると、医療事務と調剤薬局事務の仕事内容は似ているところも違うところもあります。一番大きいのは働く場所で、医療事務の場合は病院、調剤薬局事務の場合は調剤薬局であるという点です。

 

「病院と調剤薬局、どちらで働きたいのか」によってもどちらを選ぶのかが違ってくることは頭に入れておきたいですね。

 

ただ、双方に共通しているのは「訪れた患者さんが最初に触れ合う立場の人間であること」。患者さんにどういった対応をするかで病院や調剤薬局の印象が大きく変わりますので、そういったことを踏まえてお仕事をしていきたいですね。