調剤薬局事務スタッフになるのは難しい?

世の中には、なりたくてもなることができない仕事が多くあるものです。

 

自分の能力以上のものを求められる場合であったり、特殊な条件を満たさないとなれない仕事も多々あります。

 

プロのスポーツ選手などは分かりやすい例であり、自分の努力ではどうしようもできません。

 

とかく、医療系の仕事と言うと医療系の大学を卒業して・・・という考えを持ちそうですが、仕事内容では実は誰でもなれる仕事があります。

 

それが、調剤薬局事務のお仕事なのです。

 

調剤薬局事務は、病院やドラッグストアなどの事務方のお仕事になりますが、調剤薬局事務になるのは難しいものなのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の難易度について紹介していきます。

 

調剤薬局事務として働くためには?

調剤薬局事務で働くためには、当然のことながら雇用契約を結ばなければなりません。

 

調剤薬局事務としては、実は資格を持っていなくても今日からでもなることができる仕事になります。

 

但し、実際にはレセプトと呼ばれる保険料請求を行うので、知識もさることながら高い責任感と能力が必要になります。

 

それもあって、調剤薬局事務に関する資格が多く存在しているわけです。

 

調剤薬局事務として働くのは難しいのか?

では、ここからが本題で、調剤薬局事務として働くのは難しいものなのでしょうか?

 

答えから先に言うと難しいものではありません!

 

ある程度の知識と経験があれば、即戦力として働くことができます。

 

また、無資格・未経験でも働くことができる仕事になります。

 

ただ、現実を見ると調剤薬局事務の資格を採用条件としているところが殆どです。

 

また、正規雇用というケースは少なく、パートなどの非正規雇用での採用をしているところがおおいのが実情です。

 

これらを要約すると、調剤薬局事務として働くのは決して難しいものではありません。

 

但し、自分の望む条件での雇用を実現するためには、資格を所有していないと厳しいのが実情です。