「調剤報酬請求事務専門士」と 「調剤事務管理士」の違いとは?

似て非なるものという言葉があります。

 

似ているものの、実はよく見るとその意味合いが異なるものの事を言うのですが、資格の世界にもその種の区分は存在しているのです。

 

よく引き合いに出されるものとして、「調剤報酬請求事務専門士」と「調剤事務管理士」があります。

 

どちらも言葉だけ見ると非常に良く似た仕事をするイメージがあるのですが、実際にはどのような点で違いが見られるのでしょうか?

 

当ページでは「調剤報酬請求事務専門士」と「調剤事務管理士」との違いについて説明したいと思います。

 

調剤報酬請求事務専門士とは?

まず始めに「調剤報酬請求事務専門士」について解説していきます。

 

調剤報酬請求事務専門士とは、その名の通り調剤報酬請求事務を専門とした人材を育成するために誕生した資格であり、一般社団法人 専門士検定協会が認定しています。

 

 

調剤報酬請求事務専門士は、調剤報酬請求事務専門士は数ある調剤薬局事務の資格の中で唯一国の登録を受けている資格になります。

 

その他の民間資格に比べて、格・信頼性・知名度ともに非常に高いのが特徴です。

 

また調剤報酬請求事務専門士の資格をを維持するために2年に1回の更新が必要であり、資格試験の合格率も他に比べて低めとなっていますので、取得すると重宝できる資格と言えるでしょう。

 

「調剤報酬請求事務専門士」と「調剤事務管理士」の違いとは?

ではここからが本題になります。

 

「調剤報酬請求事務専門士」と「調剤事務管理士」とは何が違うのかについて説明します。

 

結論からお伝えすると、この2つの資格に全く違いはありません!

 

資格の名称は異なりますが、実際に行う業務に違いは無いのです。ただ調剤報酬請求事務専門士の場合、他の資格と実績・歴史・知名度の点で異なるため、就職面で有利に働くこともあります。

 

また調剤報酬請求事務専門士の場合、独自の就職支援サポートも充実しているため、就職先を探す際も若干有利に進めることが出来ます。

 

難易度自体は高く、定期的に更新しなければならないのは面倒かもしれませんが、一度取得すれば後に絶対後悔する事がない、”よく使える資格”と言えるでしょう。