調剤薬局事務の通信講座を受講するメリット

調剤薬局事務講座、どこにメリットがあるの?

調剤薬局事務の資格は、必ずしも資格が必要と言うわけではありません。しかし、人気がありすぎる資格であるために、多くの人が資格取得を目指しているというのが現状です。

 

では、なぜここまで多くの人が調剤薬局事務の資格を目指すのでしょうか。

 

人気がありすぎる調剤薬局事務の資格

まず、調剤薬局事務の資格自体が非常に人気があるものである、ということが挙げられます。

 

調剤薬局事務は調剤薬局で働くので、薬局が休みになる土日や祝日はお休みになりますよね。また、パートでの求人が多いこと、昼間に働けることから主婦を中心にかなりの人気があります。

 

人気がある仕事なので、資格を取得することで同じく応募してくるライバルに差をつけたい、と考える人が多いのでしょう。

 

また、調剤薬局事務の仕事は「基本的に経験者優遇」なので、空きがでて求人が出たとしても選ばれるのは経験者のことが多いですし、中には薬局側がツテを使って経験者を先に雇ってしまうこともあります。

 

こうなると、調剤薬局事務として働いたことが無い人は本当に不利ですよね。そこで、「経験はなくても知識はあります」ということをアピールするために、資格をとるという人も少なくありません。

 

逆に言えば、そこまでしないと就職先がないほどの人気職業であるということです。

 

仕事をする前に、知識を得ておくことができる

また、仕事をする前に調剤薬局事務の資格を取得できるメリットも。経験者が有利という業界だけあって、どこの調剤薬局も「即戦力となるような事務員」を欲しがっていることが現状です。

 

資格を得るということは、仕事をする前に「その仕事について理解しているし、やることも解っていますよ」ということにもつながりますので、先方にもアピールをすることが可能です。

 

調剤薬局事務を目指すのであれば、資格を取得しておいて損はありません。むしろ、調剤薬局事務の資格を取得したいのであれば、ぜひとも資格を取得してライバルに差をつけたいですね。