調剤薬局事務の講座を一括請求&比較する!

講座を申し込む前に、まずは資料請求♪

調剤薬局事務資料

資料一括請求サイトを活用すれば、現在開講されている「調剤薬局事務講座」を一覧で比較&まとめて資料請求ができるので便利です。もちろんサービスは全て無料で利用できます。

 

この手のサイトは複数ありますが、その中でも「ブラッシュアップ学び」は、利用者数、スクール掲載数ともに最も多く、チェック漏れなど発生しないので安心です。

 

実際に資料を請求してみると、「ユーキャン」「ニチイ」「日本医療事務協会」「ヒューマンアカデミー」「キャリアカレッジジャパン」、合計5つのスクールから資料が届きました♪

 

資料を請求したら、@講座料金A学習期間Bテキストの中身C学習サポートD就・転職サポートE教育訓練給付制度(厚生労働省が認定する講座を修了すると学費の最大20%を国が負担してくれます)、以上6点の項目を必ず確認し、自分に1番合った講座を選ぶ事が大切です。

ユーキャン

ユーキャンの資料

特徴

ユーキャンの資料には、講座の費用・カリキュラム・実際に使用するテキストのサンプルといった講座に関わる情報だけでなく、調剤薬局事務の詳しい業務内容、求められる能力、求人状況、実際に現場で働くスタッフの待遇といった、職業を理解するのに役立つ情報がたくさん掲載されています。実際の通信講座では、2冊のメインテキストを使用し、約4ヶ月間の期間で、調剤事務管理士(R)技能認定試験の合格を目指します。試験は自宅でテキストを見ながら受けられるので、暗記が苦手な人におすすめの講座です。また「教育訓練給付制度」にも対応していますので、講座修了後に学費の20%が戻ってくるのも嬉しいです。

取得できる資格

JSMA認定 調剤事務管理士(R)

費用

入学金0円 39,000円(税込) 教材費、指導費込み

標準学習期間

4ヶ月

送付物

メインテキスト2冊、トレーニングブック、トレーニングブック 解答解説、接遇マナーハンドブック、調剤レセプト用紙集、調剤薬局事務MAP、調剤報酬点数早見表、ガイドブック、合格BOOK、調剤試験問題、添削関連書類、その他(質問用紙、スケジュール表 等)

 

ニチイ

ニチイの資料

特徴

ニチイの資料には、講座の特徴・スケジュール・現場で働くスタッフのインタビュー記事等が掲載されています。ニチイの調剤薬局事務講座は、通学・通信・Webカレッジ(インターネット上で学習するeラーニング)の3つの学び方から自分に合った学習方法を選択できます。通学講座の学習期間は約2ヵ月、受講料は44,230円(税込)。通信講座の学習期間は約4ヵ月、受講料は36,000円(税込)。Webカレッジ講座の学習期間は約4ヵ月、受講料は40,000円(税込)となっています。残念ながら、教育訓練給付制度の対象にはなっていません。

取得できる資格

一般財団法人日本医療教育財団認定 調剤報酬請求事務技能認定

費用

通学:44,230円(税込) 通信:36,000円(税込) Webカレッジ:40,000円(税込)
教材費、指導費込み

標準学習期間

約2ヵ月〜4ヶ月

送付物

テキスト(医療保険制度と接遇マナー編)、テキスト(調剤報酬編)、演習問題集(マイベストノート)、保険薬早見表、その他

 

ヒューマンアカデミー(たのまな)

たのまなの資料

特徴

ヒューマンアカデミー(たのまな)の最大の特徴は、多くの調剤薬局で実際に使用されているソフトを使って、調剤レセプト入力の演習ができることです。他講座は全て手書きでレセプト業務を学んでいきますが、実際の業務ではソフトを使って入力するのが一般的です。ですから、より実践に近い形で学ぶことができるのです。また講座修了後には、医療に特化した求人情報を扱うグループ会社を持っている強みを活かして、ハローワークや一般の求人サイトには掲載されない優良な求人情報を斡旋してくれます。無料で送られてくる資料には、卒業生が、どんな薬局に就・転職をしたのかといった情報も詳しく載っていますので、資格取得後に「絶対に調剤薬局で働きたい!」と考えている方は、参考にしてみると良いと思います。

取得できる資格

医療保険学院認定 医療保険調剤報酬事務士

費用

33,000円(税込) 教材費、指導費込み、合格保証付き

標準学習期間

約2ヵ月〜3ヶ月

送付物

サポートナビDVD1巻、メインテキスト2冊、副教材1冊、明細書(レセプト)セット調剤1冊、添削課題(中間テスト)3回分、質問票、返信用封筒、その他

 

ソラスト

ソラスト

特徴

ソラストの調剤薬局事務講座では、「保険調剤のしくみ」「調剤報酬の計算」「調剤報酬請求明細書(レセプト)の記載方法」「薬の基礎知識」「接遇マナー」等を中心に学んでいきます。自宅でマイペースに学習することができ、分からない部分が出てきても、電話・Mail・FAX・郵送で何度でも質問ができるので安心して進められます。また万が一、標準学習期間の3ヶ月間で修了できなくても、無料で最長12ヶ月まで延長ができるので、よほどの事が無い限りはどんな人でも資格を取得することが可能です。さらに教育訓練給付制度の対象講座となっており、受講料の20%給付が適用されるのも嬉しいです。ただし、修了後の就転職サポートに関しては、特に専任のコンサルタントが付く訳でもなく、同社の求人サイトを利用して自分で調べてね、というスタンスなので、サポートが手厚いとは言い難いです。

取得できる資格

技能認定振興協会(JSMA)認定 調剤事務管理士

費用

37,800円(税込) 教材費、指導費込み

標準学習期間

3ヶ月

送付物

テキスト1「保険調剤のしくみ」、テキスト2「調剤報酬の算定/薬の基礎知識/接遇マナー」、テキスト3「練習問題」、調剤報酬点数早見表、学習レポート、調剤報酬明細書(レセプト)、学習ガイドブック、その他

日本医療事務協会

日本医療事務協会

特徴

日本医療事務協会の調剤薬局事務講座は、通学と通信どちらかを選択でき、さらには2大人気資格「調剤薬局事務」「医療事務」のW取得を目指せるコースも準備されています。通学であれば、5時間×3日間で修了可能、通信でも標準学習期間が約1ヶ月となっていますので、急ぎで資格を取得したいという人におすすめです。また「就職支援部」という部署が設置されており、専任のコンサルタントが面接指導、履歴書の書き方、求人探しまでキメ細かくサポートしてくれるので、資格を取得したはいいものの、仕事探しで苦労する、なんて心配もいりません。

取得できる資格

調剤報酬請求事務技能検定試験 合格

費用

通学:41,040円(税込) 通信:36,000円(税込) 教材費、指導費込み

標準学習期間

通学:3日間、通信:約1ヶ月

 

資料を一括請求&比較する

ブラッシュアップ学ぶキャプチャ

ブラッシュアップ学ぶロゴ

スクール掲載数No.1「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、複数の団体で開講されている「調剤薬局事務講座」の資料をまとめて取り寄せることができます。資料には無料とは思えないほど、調剤薬局事務に関する情報が満載で、パラパラとページをめくっているだけでも参考になりますよ♪まずは資料を請求して、各講座を比較してみましょう。

 

無料で資料を請求ボタン