調剤薬局の業界動向はどうなっている?

調剤薬局業界は、今どのように動いているのでしょうか。

 

ここでは、調剤薬局の業界動向について見ていきたいと思います。

 

調剤薬局がコンビニよりも多い理由とは

調剤薬局は、儲けすぎだと批判されるほどに、とても大きな利益をあげています。

 

調剤薬局の店舗数は、なんとコンビニよりも多いとされており、その数からも利益の高さが伺えます。

 

調剤薬局は、”医師は診察と薬の処方を行い、薬剤師は調剤を行う”というように、それぞれがそれぞれの専門分野に専念することが出来る仕組みとして、医薬分業とともに数を伸ばしてきました。

 

もとはと言えば、医師が不要な薬まで処方し儲けを出していたという、「患者の薬漬け問題」を改善するためや、薬の副作用や飲み合わせなどによるリスクを軽減するため、そして、医師や薬剤師がそれぞれの仕事に専念できるようにと行われたものです。

 

ですが、医薬分業を進めていく上で、調剤報酬が引き上げられ、とても手厚い待遇を受けてきたのが調剤薬局です。

 

医師は診察を終えると処方箋を出します。調剤薬局の薬剤師は、患者からこの処方箋を受け取り、薬の安全性や量、飲み合わせなどを確認した上で調剤を行います。

 

処方箋を受け取り、調剤を行えば行うほど、調剤薬局に利益が出るという仕組みになっているのです。

 

そのため、調剤薬局の経営者は、競争するように病院の近くに薬局を建てるようになりました。

 

このような事から、調剤薬局は今やそこらじゅうに見られるようになったのです。

 

今後は院内薬局に回帰する可能性も…

調剤薬局は今、少しピンチの状態とも言えます。

 

というのも、調剤薬局の利益がありすぎることや、薬剤師が本来の仕事をすることが難しくなってしまっている事等が問題視されているのです。

 

薬剤師が一日にとても多くの処方箋を取り扱うことになり、もはや処方箋をさばくために雇われているような状態とも言えます。

 

薬剤師というのは、安全に安心して薬を服用できるようにするように調剤を行ったり患者に説明したりすることが仕事ですが、それが今は難しい薬局もあるのです。

 

また、病院の診療報酬は改定される続け、赤字となっている病院もあるほどに、経営が厳しくなっているのです。

 

これらの事から、院外薬局から院内薬局へと戻す病院も出ており、今後調剤薬局がどのように策を練るのか、注目される点でもあります。

関連ページ

医薬分業とは?
医薬分業「院内薬局」規制とは?
調剤薬局の歴史
調剤薬局に関するニュース&話題
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【2】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【3】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【4】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【5】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【6】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【7】
一包化加算とは?
基準調剤加算とは?
計量混合加算とは?
力価計算とは?
まずは、一般の人にはあまり聞きなれない力価という言葉について解説します。薬の成分の表現方法として、「○○成分○%配合」というような表記がされているかと思います。実は、このことを力価と言うのです。
志望動機にはどんなものがある?
調剤薬局を開業するには?
資格の種類はどんなものがある?
調剤薬局事務に関する資格については、多くの種類が存在していますが大枠で言えば内容的には遜色ありません。どの資格においても、メインはレセプトの作成と計算方法について重きをおいています。
男性でも調剤薬局事務になれる?