男性でも調剤薬局事務になれる?

世の中には、性別に左右されてしまう仕事ってあるものですよね。

 

力仕事となる大工さんの業界では、女性の方は殆ど見かけませんよね。

 

最近では女性が増えてきましたが、バスの運転手も男性の方が圧倒的に多くなっています。

 

そんな中で、別に力などの要素がない仕事でも、片方の性別に偏ってしまう仕事があります。

 

その例として、調剤薬局事務という仕事があります。

 

別に、男性でも実施できる仕事なのですが、ほとんどが女性が担当しています。

 

実際には、調剤薬局事務は男性がなることが出来ないのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の秘密に迫ってみたいと思います。

 

調剤薬局事務の男性の募集は行われているの?

調剤薬局事務の仕事内容を見てみると、主に調剤薬局で患者さんの受付や薬の受け渡しなどを行います。

 

また、薬局内の書類の整理や新しい薬の受け入れなども行います。

 

他には、レセプトの作成も重要な仕事となります。

 

他の業務内容を見てみても、性別に左右される要素は全くありません。

 

よって、男性でも調剤薬局事務として働くことは可能であります。

 

実際の求人情報を見てみると、特に性別の限定は行われていません。

 

これらを総合しても、調剤薬局事務の仕事に男性が就くことには何の障害もありません!

 

実際には男性が少ないのはなぜ?

調剤薬局事務に男性が少ないのには、どこに理由があるのでしょうか?

 

それは、給料面での問題があるためと思われます。

 

一般的な仕事とほぼ同レベルの給料水準となっているのですが、非正規雇用となるケースがあるので、その分だけ費用面では見劣ってしまいます。

 

それでも良いという主婦の方がこぞって調剤薬局事務を目指しています。

 

家族を養っていかなければならない男性の場合は、あえて調剤薬局事務を目指そうとは思っていない方が多いのでしょう。

 

また、現場としては男性よりも女性の方を望んでいるものなのです。

 

受付も担当することになるので、差別的な意味ではないのですがやはり女性の方に比重を置いているのです。

関連ページ

調剤薬局の業界動向
医薬分業とは?
医薬分業「院内薬局」規制とは?
調剤薬局の歴史
調剤薬局に関するニュース&話題
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【2】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【3】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【4】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【5】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【6】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【7】
一包化加算とは?
基準調剤加算とは?
計量混合加算とは?
力価計算とは?
まずは、一般の人にはあまり聞きなれない力価という言葉について解説します。薬の成分の表現方法として、「○○成分○%配合」というような表記がされているかと思います。実は、このことを力価と言うのです。
志望動機にはどんなものがある?
調剤薬局を開業するには?
資格の種類はどんなものがある?
調剤薬局事務に関する資格については、多くの種類が存在していますが大枠で言えば内容的には遜色ありません。どの資格においても、メインはレセプトの作成と計算方法について重きをおいています。