調剤薬局事務|資格の種類はどんなものがある?

資格というと皆さんはどのようなイメージを持っているでしょうか?

 

自分の能力を示すための証と考える方がほとんどでしょう。

 

資格は、年々数が増加傾向にあり、仕事にも役立つものが多くあります。

 

別に資格がなくても働ける仕事であっても、より効率よく仕事を進めることができるように資格制度を採用しているケースもよく見られます。

 

病院やドラッグストアなどの調剤薬局で働く調剤薬局事務という仕事においても、資格が用意されています。

 

調剤薬局事務として働く分には、資格は全く必要ではありません。

 

但し、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書の作成は初心者には非常に厳しいものなので、資格を準備して学ぶ場を提供しているのです。

 

調剤薬局事務に関する資格は実に種類が多いのですが、どのような資格が存在しているのでしょうか?

 

調剤薬局事務に関する資格とは?

調剤薬局事務に関する資格については、多くの種類が存在していますが大枠で言えば内容的には遜色ありません。

 

どの資格においても、メインはレセプトの作成と計算方法について重きをおいています。

 

最終的には試験を受験して、合格することで資格を取得できますが、その前に認定講座を受講する必要があるものもあります。

 

試験と一概に言っても、書面だけでなく実技試験が用意されており、実際にレセプトを作成したり、完成しているレセプトの確認などを行います。

 

調剤薬局事務の中で最も価格が高いのは?

数ある調剤薬局事務の資格の中でも、調剤報酬請求事務専門士という資格が最も格式が高いと言われています。

 

合格率でみても、他の資格と比較して格段に低くく難しい試験として知られています。

 

また、資格を取得した後も2年に1度更新を行う必要があります。

 

ただ、調剤報酬請求事務専門士の資格を持っているだけで就職面では有利になりますし、就職のサポートを受けることができるので、とてもありがたい資格であるといえます。

 

しかも、調剤報酬請求事務専門士を持っているだけで資格手当てが付く場合もあるようです!