調剤薬局の歴史

医薬分業などが進められ、今では半分以上の病院にて医薬分業が定着しています。分業が進むに連れて増えてきたのが、調剤薬局です。

 

ここでは、調剤薬局の歴史について、少しご紹介しておこうと思います。

 

調剤薬局の歴史

調剤薬局というのは、最近ではそこらじゅうに見られるようになりました。

 

密集しているところでは、病院の近くに何件も建っているようなところもあります。

 

以前は、調剤薬局は存在せず、病院内で薬を貰うという仕組みでした。

 

病院の中に薬局があり、医師の指示に従って薬剤師が調剤を行っていたのです。

 

私も経験していますが、この場合、診察までの待ち時間がとても長い上に、薬を貰うまでの待ち時間も恐ろしく長いのです。

 

いつも混みあっている病院であれば尚更、その日のほとんどを病院で過ごすということも少なくありませんでした。

 

病院には病気や怪我で通うため、自分の待ち時間が長いととても辛く、苦痛に感じてしまいます。

 

高齢者の方であれば、余計に辛い思いをすることになってしまうという状態でした。

 

そこで、医師の診察と処方という仕事と、薬剤師の調剤という仕事を分けたらどうかという事で、医薬分業が始まったのです。

 

”医師は診察を行い、処方箋を出す。外部の薬局の薬剤師が、その処方箋を見て調剤を行い、患者に手渡す”

 

この専門的な仕事のみを行うということで、それぞれが仕事に専念できるようになりました。

 

そこで、調剤薬局が登場します。

 

調剤薬局はここ数年でとても多く作られ、調剤報酬が引き上げられたこともあり、ますます数を増やしているという状態です。

 

調剤薬局は、病院の外にありますので、診察を終えてから薬局まで移動しなくてはならないという点は、患者からすればデメリットです。

 

ですが、薬剤師がしっかりと薬の飲み合わせを確認し、それぞれの診療科目で処方箋を貰っても管理を行ってくれますので、安心して服用することが出来るという点はとても大きなメリットです。

 

医薬分業では、院内薬局を設置することは規制されていました。

 

ですが最近になって、病院の敷地内であれば、それぞれの独立性を保つ状態で設置しても良いということになったのです。

 

このことから、患者は薬局までの移動時間が短くなり、利便性が高まっていくとも言えます。

 

調剤薬局は、患者にとって安心できる薬の提供を行ってくれる半面、患者が負担する費用が大きいということもあります。

 

ともあれ、調剤薬局の歴史は、そこまで古くないのです。

関連ページ

調剤薬局の業界動向
医薬分業とは?
医薬分業「院内薬局」規制とは?
調剤薬局に関するニュース&話題
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【2】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【3】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【4】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【5】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【6】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【7】
一包化加算とは?
基準調剤加算とは?
計量混合加算とは?
力価計算とは?
まずは、一般の人にはあまり聞きなれない力価という言葉について解説します。薬の成分の表現方法として、「○○成分○%配合」というような表記がされているかと思います。実は、このことを力価と言うのです。
志望動機にはどんなものがある?
調剤薬局を開業するには?
資格の種類はどんなものがある?
調剤薬局事務に関する資格については、多くの種類が存在していますが大枠で言えば内容的には遜色ありません。どの資格においても、メインはレセプトの作成と計算方法について重きをおいています。
男性でも調剤薬局事務になれる?