医薬分業とは?

「医薬分業」という言葉を耳にした事はありませんか?

 

この医薬分業、なんとなく「医と薬を分けること?でもそれってどういうこと?」と、曖昧な感じにしか捉えられないという方もおられると思います。

 

ここでは、医薬分業について、どのようなものなのか、メリットやデメリットはあるのかなど説明していきます。

 

医薬分業ってどういう意味?

医薬分業とは、文字から推測しても何となく理解できるように、「医師と薬剤師との仕事を明確に分ける」というものです。

 

では、もっと掘り下げてみてみましょう。

 

患者として病院に行くと、診察が終わった際に、薬を貰うのではなく院外処方箋を渡されると思います。

 

この処方箋をもって院外薬局(独立している保険薬局)に行くと、薬剤師が次の内容を確認します。

 

・医師が記載した薬の量や使用方法を確認
・薬の飲み合わせなどを確認
・薬の量は適切かどうかを確認

 

以上の点を確認した上で、調剤を行い、患者に薬の説明とともに薬を手渡しします。

 

医師は専門とする診察と薬の処方に専念し、薬剤師は調剤に専念することが出来るという仕組みです。

 

この事によって、それぞれが専門的な仕事に専念することが出来ますので、医療の質を高めることが出来るようになります。

 

これが、医薬分業というものです。

 

医療分業のメリットとデメリットとは

では、この医療分業、メリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

メリット

・医師と薬剤師がそれぞれの専門的な仕事に専念できる
・医師が自由に必要となる薬を処方できる
・薬剤師が処方箋を確認することで、薬による事故を防止できる
・待ち時間が少なくなる

 

デメリット

・患者は病院を出て薬局まで行く必要がある
・処方箋料と調剤料などが必要となるため、費用が増える

 

など、このようなものが挙げられます。

 

かかりつけの薬局があれば、その薬局で薬の記録を管理してもらうことが出来ます。

 

もし危険な飲み合わせの薬が処方されていても、薬剤師がしっかり管理し、医師と相談するなど行ってくれますので、安心して服用することが出来ます。

 

医療分業にも様々な意見がありますが、医療の質を高めているのは確かなようです。

関連ページ

調剤薬局の業界動向
医薬分業「院内薬局」規制とは?
調剤薬局の歴史
調剤薬局に関するニュース&話題
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【2】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【3】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【4】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【5】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【6】
調剤薬局に関する最近のニュース&話題【7】
一包化加算とは?
基準調剤加算とは?
計量混合加算とは?
力価計算とは?
まずは、一般の人にはあまり聞きなれない力価という言葉について解説します。薬の成分の表現方法として、「○○成分○%配合」というような表記がされているかと思います。実は、このことを力価と言うのです。
志望動機にはどんなものがある?
調剤薬局を開業するには?
資格の種類はどんなものがある?
調剤薬局事務に関する資格については、多くの種類が存在していますが大枠で言えば内容的には遜色ありません。どの資格においても、メインはレセプトの作成と計算方法について重きをおいています。
男性でも調剤薬局事務になれる?