調剤薬局事務|講座選びの際に必ず確認しておくべき事とは?

意外と簡単に取得できる資格として有名なのが、調剤薬局事務に関する資格です。

 

資格制度と言いつつも、国家資格ではありませんし資格を所有していなくても働くことができるため、レベル的には決して高い資格ではありません。

 

その中でも、結構多くの資格が存在しており、どの資格を取得すればよいかが悩ましいと思います。

 

それぞれに特徴があり、せっかく資格を取得しても用なし!じゃあ意味が無いですよね。

 

そこで今回は、調剤薬局事務の資格を取得する上で受ける講座について、どの点を確認すべきかについて紹介してまいります。

 

まずは料金を確認しよう!

講座を受講するにも、当然のことながら費用が発生します。

 

いくら優秀で名の通った資格であっても、費用面での負担がかかるようであれば受講することができません。

 

また、費用の割に評判もあまりよくない会社もあるかもしれません。

 

そこで、まず始めに費用面がどの程度かかる講座であるのかについて確認が必要となります。

 

また、費用面で少し負担が高くても、分割での支払いができる会社も存在していますので、しっかりチェックしておきたいですね。

 

通学か通信なのかをチェックして!

講座と言っても、大きく分けてスクールに通う通学式と自宅でテキストを基に学習する通信式の2種類が存在しています。

 

たとえ、スクールでの学習を希望しても、会社によっては近くでの開講はしないかもしれません。

 

よって、まずは自分の希望するスタイルを決定し、その後にその形に沿う会社を選択するとよいでしょう。

 

講座の内容も一応確認して!

調剤薬局事務の資格講座は、各社でそう大きな違いは無く、ほぼ内容は一緒であります。

 

もっとも重要なレセプトのところは間違いなくどの講座にも存在していますし、法令などの内容も同じであります。

 

ただ、稀に違う内容を盛り込んだ講座もありますので、念のためチェックしておいたほうが良いでしょう!

 

また、どのレベルまで向上してくれる内容なのかについても、細かくチェックすべきであります。