調剤薬局事務の資格取得方法

調剤薬局事務は資格がなくてもなれる

調剤薬局事務の仕事は、基本的には資格がなくてもできるもの。

 

しかし、「即戦力」として働けることや「資格をもっていた方が採用されやすい」ということもあり、調剤薬局事務の資格を取得痛いと考える人は少なくないようです。

 

では、どうやったら調剤薬局事務の資格を取得することができるのでしょうか。気になるその方法について、調べてみました。

 

通学して勉強をする

調剤薬局事務の資格は、一部で学校で学ぶことができるようです。例えば、ニチイには調剤薬局事務の通学コースがありますね。

 

こういった「通学して学ぶ」というタイプのところは、「学校に通わなければならない」という手間が発生しますが「通わなければならないということで、強制的に勉強をするようになる」「講師がいるので、解らないところはきいて学ぶことができる」というメリットがあります。

 

「とにかくしっかり勉強する」というならこちらがオススメですね。

 

通信教育で勉強する

多くの人が利用しているのが、通信教育での勉強です。通信教育なら、仕事をしていたり家事育児が忙しくて外出ができない人でも十分に学習することができますよね。

 

自分のペースで学習をすることが可能なので、そういった意味でも通信教育はおすすめ!空いた時間をつかって、勉強をすることができるというのは替えがたいメリットです。

 

テキストを購入して学ぶ

調剤薬局事務の資格の中には、主催者がきちんとテキストや過去問題集を発売しているものもありますので、こういったものを購入して過去の出題傾向を探るというのも手です。

 

だいたいの傾向をよむことができれば、どこを重点的に勉強すればいいのかもわかってきますからね。

 

ただ、この方法だと完全な独学になりますので、自分で意識を強く持って勉強をする必要があります。

 

中でも多いのは通信教育ですが、自分に合った勉強方法を見つけるということが何よりも重要ですので、より合った方法を模索して合格を目指しましょう。