調剤薬局事務の基本知識

医療系のお仕事と言えば、とにかく仕事内容が重い印象を受けます。

 

誰でもできる仕事ではなく、責任感が強くないとやっていけないのは明白な事実であります。

 

ただ、実際に治療に当たる医師などと違い、事務系の仕事はパートで勤務されている方もいたりと、比較的誰でも実施できるものとして知られています。

 

調剤薬局事務で勤務する事務員さんについても、同様な事が言えるのですが、実際にはどのような仕事を行って、どのような知識が必要となってくるのでしょうか?

 

今回は、調剤薬局事務の基礎知識を学んでいきたいと思います。

 

調剤薬局事務の基本業務は?

調剤薬局事務の主な仕事としては、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成する業務に当たります。

 

レセプトは、月一回の作成となり審査機関へ提出しますが、これを作成する時期は非常に多忙となることが多く、調剤薬局事務のメイン業務となっています。

 

後述しますが、非常に難しい計算をしなければなりませんので、高いスキルが要求されるものとなっています。

 

調剤薬局事務のその他の仕事としては、一般的な受付業務や事務業務を行っていきます。

 

薬歴簿と呼ばれる、その人の薬を飲んだ履歴を作成したり管理するのが、重要な仕事のひとつになります。

 

また最近では、ジェネリック医薬品への対応も重要な仕事となっています。

 

業務内容が多様化しているのが実情ですね。

 

調剤薬局事務の基本知識は?

では、調剤薬局事務に必要な知識とは何があるものなのでしょうか?

 

まずは、レセプトの作成で必要となる計算式を覚える必要があります。

 

また、薬歴簿に調剤報酬を記入していく際にも、非常に難しい基準で点数付けしていき、計算を行わなければなりません。

 

各会社でも、この難しい点に着目して、調剤薬局事務に関する資格を制定して、知識の向上に寄与しているのは注目すべき事実ですね。

 

他にも、年々多様化する医療体制への知識を持ち合わせておく必要があります。

 

一度学んだらそれでおしまい!そう甘くは無いんですね。