調剤薬局事務資格を取得すると就職に有利?

最近は、資格ビジネスが横行していて決して身にならない資格も残念ながら存在してしまいます。

 

例えば、多いのが知識のみを問うような検定に近い資格です。

 

せっかく資格を取得しても、何の利益にもつながらない・・・なんてことが良くあります。

 

ただ、もちろん世の中には取得しておいてよかった!と実感できる資格も多いのです。

 

調剤薬局で働く事務員さんが取得する、調剤薬局事務資格については、先に紹介したうちのどちらに該当するものなのでしょうか?

 

また、資格を持っていると就職が有利に働くものなのでしょうか?

 

そこで今回は、調剤薬局事務資格の優位性について紹介していきます。

 

調剤薬局事務の資格を取るには?

まずはじめにお伝えしますが、調剤薬局事務の仕事を行う上で資格は必須ではありません。

 

国家資格は無く、全て民間会社が運営している資格になります。

 

資格を取得するためには、指定の講座を受講して試験に合格することで取得できます。

 

各会社によって資格を取得するためのレベルが異なっており、最も難しいものではかなりの狭き門となっています。

 

調剤報酬請求事務専門士という資格になると、2年に1回更新を行わなければならず、常に高いレベルを求められるものがあります。

 

調剤薬局事務の資格は就職に有利?

専門知識が求められる仕事

では調剤薬局事務の資格を取得すると、本当に就職に有利に働くのでしょうか?

 

結論からお伝えすると、資格は取得しておいた方が良いでしょう。

 

調剤薬局事務の仕事は、カルテやレセプト作成(調剤報酬明細書)のような専門知識が求められます。

 

「一包化加算」「基準調剤加算」「計量混合加算」といった特別な計算式も覚える必要があります。

 

慣れない職場で、受付業務なども行いながら、これらの知識を短期間で身に付けていくのは、決して不可能では無いですがハードルは非常に高いものです。

 

就業後に、恥をかいたり、辛い思いをしないためにも、資格は事前に取得しておく事をおすすめします。

 

採用条件にも「資格」

最近の調剤薬局事務に関する求人募集をみても、正社員の募集や時給高めの薬局の場合、「経験者優遇」「資格保有者歓迎」などと書かれているものがほとんどです。

 

ちなみに、よく比較される事の多い医療事務の場合でも、採用条件に資格の保有が挙げられているケースが多数を占めています。

 

これは、企業側の視点から考えればすぐに分かる事ですが、未経験者を一から育てるにも大きなお金が掛かりますし、また即戦力を求めている薬局も多いため、事前に資格を取得しておくことで就職に有利に働くのです。